<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/33f0fcb02bbd41af9d706a2c469929f2/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

ケーススタディ

by Eggplant, on Mar 16, 2021 5:42:39 PM Test automationdigital automation intelligence

メディカル機器の組込みソフトウエア開発でテストを自動化 テスト工数を92%削減、数万パターンの網羅テストで品質を徹底追求 富士フイルムと一体となって製品やサービスの開発、運用を担う富士フイルムソフトウエア。同社ではメディカル機器の組込みソフトウエア開発において、開発期間の1/3を占めるテストの品質向上と効率化が課題となっていた。 2018年3月、同社は課題を解決するべく、テスト自動化ツールEggplantを導入。FDA (米国 食品医薬品局) の要求を満たすプロセスで、医療機器開発で利用可能なテストツールであることを評価し、バリデーションを取った。採用の決め手は、従来難しかった低リソースの組込み機器でテスト自動化が可能になることだ。 導⼊後、同社が独⾃開発したテスト条件⾃動⽣成の仕組みと連携させることで、現在、UIを利用するメディカル機器全機種、他事業部門、富士フイルムグループ内へとEggplantの適用が広がっている。 課 題 CPUやメモリなどのハードウエア性能に制限が多い組込み機器でテストの自動化を実現したい 開発期間の1/3を占めるテスト工程の品質と効率の向上を図りたい 解 決 Eggplantは画像認識技術をベースにリモートで接続しテストを行うため、対象機器のソフトウエアやリソースに制限されることなくテスト自動化を実現 操作の組み合わせパターンが3万通りを超える超音波内視鏡装置において、網羅性を確保した品質の向上と、手動テストに対して92%の工数削減を実現 01 開発期間の1/3を占めるテスト工程の品質向上と効率化が課題に メディカル、フォトイメージング、グラフィック、デジタルカメラなどの分野で、富士フイルムと一体となって製品やサービスの開発、運用を担う富士フイルムソフトウエア。グループ全体のソフトウエア開発機能とICTインフラの構築・運用を担う同社は、これまで培ってきた先端・独自技術に加え、デジタル技術をいち早く取り込み、スピーディーな新サービス開発を実現。また優れた技術力に加え、高い開発力も同社の強みだ。 デジタルX線画像診断システム、内視鏡システム、超音波診断装置などメディカル機器のソフトウエア開発の課題について、「近年、技術が急速に進歩する中で、人の健康に関わるメディカル機器へのニーズに応える高性能、高信頼性を実現するとともに、競争力向上の観点からリードタイムの短縮やコストの抑制が求められています。また時間を有効活用し生産性向上を図る働き方改革も重要なテーマです」とソフトウエア開発本部 副本部長 佐々木弥氏は話す。 同社において、メディカル機器のソフトウエア開発の生産性向上で重要なポイントとなるのが、開発期間の1/3を占めるテストの品質向上と効率化だ。 「テストの自動化はかなり進んできたのですが、手つかずだったのが製品と利用者の接点となるUI(User Interface)に関わる画面操作のテストでした」とソフトウエア開発本部メディカル機器グループ 山田陽平氏は話し、こう続ける。 「従来、実際に画面のボタンを押して動作を確認するため、複数人で長い時間をかけてチェックしていました。 ワールドワイドで展開するメディカル機器の場合、多言語に対応した表示確認を全パターンで行うなど多くの手間と時間を要し、開発コストの増大と品質確保が課題となっていました。人間の目視による確認では、表示レイアウトの見切れといった気付きにくい不良を見落とすリスクがあります。 QCDの観点からテスト項目に漏れがないよう網羅性を担保しながら、コストの抑制、テスト時間の短縮を図るためには、人手に頼るテストでは限界があった。 2017年末、同社は組込み機器開発の画面操作におけるテスト自動化ツールの選定に入った。 02 汎用性と拡張性を高く評価しEggplantを採用 テスト自動化ツールの製品選定では、「組込み機器で使える」ことが大きなポイントになったと山田氏は振り返る。「一般的にテスト自動化ツールは、機器側にインストールが必要となるケースが多くあります。組込み機器開発におけるテストでは、機器のディスクやメモリの容量制限から、機器側にインストールすることが難しいため導入のハードルが高くなります。また記録・再生・確認といった基本機能の充実度や、専門的なプログラミングスキルがないテスターでも利用できる簡便性も重視しました」 …

Read Story

by Eggplant, on Dec 9, 2020 2:15:23 PM Test automationdigital automation intelligenceecommerceRetail

Sheetzは1952年に設立された先駆的な家族経営のコンビニエンスストアチェーンで、ペンシルベニア 州、オハイオ州、バージニア州、ウェストバージニア州、メリーランド州、ノースカロライナ州に600を超える 拠点があります。ビジネスに対するトータルカスタマーフォーカスアプローチの結果として、革新的な顧客 中心のテクノロジーを早期に採用しています。 Sheetzは、デジタルトランスフォーメーション戦略のペー スを加速するために、新しいソフトウェアとサービスのアジャイルデリバリーをサポートするテスト自動化プ ラットフォームを必要としていました。 モバイルアプリケーションの配信を加速する Sheetzチームは、無数のテスト自動化ソリューションの徹底的な レビューを実施し、あらゆるシステムをテストできる包括的で直感 的なプラットフォームの結果としてEggplantを選択しました。この 独自の機能と、顧客の理解と喜びに関する共通の精神が相まっ て、EggplantはSheetzにとって最良の選択となりました。チーム は、プラットフォームが今後数か月および数年でその野心的な計 画のすべてをサポートすることをすぐに認識しました。 あらゆるもの全てをテストするための1つのプラットフォーム テスト自動化ソリューションの重要な要件は、さまざまなメディアに 加えて、店舗とモバイルにまたがる、音声注文とスキャナーを含む 複数のデバイスセットとプラットフォームをテストする機能でした。 チームは、堅牢なデジタル製品とアプリケーションの提供を加速す る方法を模索していました。 これを実現するには、コンシューマーデジタルチームの手動テストの 負担と回帰テストウィンドウの両方を削減して、ソフトウェアをより 迅速にリリースできることが必要です。 目的は、あらゆるプラット フォームでエンドツーエンドのテストを自動化し、回帰テストに必要 な時間を短縮しするEggplantのインテリジェントなプラットフォー ムを導入することです。 最終的な結果として、Sheetzはソフトウェアのデリバリーを劇的にス ピードアップし、長い手動テストではなく、新しいデジタルアプリの開発 …

Read Story

エッグプラント アップデートに登録