<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/33f0fcb02bbd41af9d706a2c469929f2/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

ケーススタディ

by Eggplant, on Mar 30, 2021 9:55:45 AM Retail

プラネット社は、丸紅情報システムズ社の支援を得て、主力製品であるPOSアプリケーションのテストの実行を、Eggplantによって自動化、改善することに成功しました。 略歴 1983年の創業以来、プラネット社は流通小売店に対してITソリューションとトータルサービスを提供してきました。同社の主力製品は、自社開発のPOSシステム「ATEMS」です。スポーツ、雑貨、アパレル、飲食業、およびその他の専門店向けの同製品はクラウドサービスでの提供が基本となります。プラネット社は、Eggplantの日本におけるビジネスパートナーである丸紅情報システムズ社と協調して、プラネット社の製品およびサービスを強化するテクノロジーを特定し導入しています。「当社のデータセンターで24時間365日のデータ処理サービスとヘルプデスクサポートを提供しています。システムだけでなく、日々の運用も含めたワンストップサービスが当社の強みです。お客様は、資産としてシステムを所有することなく、店舗運営や経営管理のためにビジネスインテリジェンスツールを利用したデータ分析など様々なサービスを利用できます」とプラネット社のシステムソリューション事業本部管掌取締役鹿山貴弘氏は話します。 IT技術の進歩や社会の変化に応じて、POSシステムは進化してきています。POS専用機、タブレットPCおよび端末の数も増えています。また2020年東京オリンピック開催に向けて、企業はクレジットカード、電子マネー、セルフ会計など決済手段の多様化や、免税および多言語化への対応も求められています。 リモートで接続してテストを行うという点が画期的でした。」 ――プラネット社 三木規史氏 POSシステムの品質は店舗の信用に直結する 店員をサポートするPOSシステムは、商品バーコードを読み取り、自動的に合計金額を算出し、支払金額を買物客に知らせます。買物客と金銭のやりとりを行う店頭業務ではミスが許されません。万が一、システムトラブルが起きればビジネスの機会損失のみならず信用失墜につながりかねません。安定稼働のために品質を追求していく中で、避けて通れないリスクがあります。法制度対応や機能追加などのバージョンアップは常に品質の担保を求められます。「当社では3カ月に1回、バージョンアップを行うケースもあります。システム改修において大事な観点は、改修した機能はもちろん、それ以外のどこかに影響がでていないか、という点です」とシステムソリューション事業本部製品管理本部本部長三木規史氏は話します。近年では、オムニチャネル(実店舗とオンラインショップの間の垣根を取り払った販売戦略)やEC(エレクトロニックコマース、電子商取引)との連携も欠かせません。「ATEMS」は同社のクラウド上で他社システムと連携し付加価値の高いサービスを提供できる点も強みです。「例えば、実店舗とオンラインショップの購入履歴や購入ポイントを一元管理することでリアルとバーチャルの両面での販売促進につなげることができます。またクラウド上で蓄積された小売店の顧客情報をメーカーにフィードバックする取り組みも進めています。流通業の川下と川上の間の架け橋の役割を果たしていければと考えています。」(鹿山氏)POSシステムが複雑化する中、バージョンアップ時の品質を支えるテストの重要性が高まる一方で、作業負荷の増大は深刻な課題となっています。同社は品質と効率の両面を向上するべく最初のテスト自動化ツールを導入しましたが、期待したほどの効果はなく、消費税率引き上げへの対応で自動化できたのは1割に過ぎませんでした。 人海戦術の限界とテスト自動化の必要性を痛感 2014年、消費税率が5%から8%に変わりました。17年ぶりの引き上げとなる1年前の2013年から同社は「ATEMS」の消費税率変更への対応を開始しました。同製品の導入企業の約8割がカスタマイズを行っています。カスタマイズした分だけシステム改修は発生しますが、同社はお客様に寄り添ってつくりあげることにこだわりを持っています。「専門店ごとに扱っている商品や使いたい機能、販売戦略などが異なっており、それぞれのニーズにしっかりと応えていくことでお客様のビジネスに貢献していきたい。」(鹿山氏)2014年4月1日、日付が変わる瞬間にATEMS導入企業200社、店舗数350店舗のPOS 4,500台すべてが一斉に正しく切り替わらなければなりません。準備期間の中で4カ月という時間をかけ、カスタマイズしたそれぞれのシステムに対し改修による影響範囲を調べ、社内に本番相当の環境を用意しテストを実施しました。「一発勝負で、なおかつ失敗できないことから、限られた時間の中でテストを手厚く行うことが必要でした。事前に導入していたテスト自動化ツールに期待していたのですが、自動化できたのは1割程で、残りの9割は人手で行いました。」(三木氏) 既存のテスト自動化ツールは、テスト対象とする端末(POS専用機など)にソフトウェアをインストールするため利用に制限がありました。例えば、システムのバージョンアップ試験では端末の再起動を伴うケースもありますが、テストツールも一緒に再起動されてしまうためテストが途切れてしまい一気通貫のテストができません。再起動後の動作確認までがテスト範囲となるためです。人海戦術で消費税率変更への対応は乗り切ったものの、テスト自動化の必要性を痛感した三木氏は真剣に製品を探し続け、2016年、ついに理想の製品と出会いました。Eggplantは従来のテスト自動化ツールとは一線を画すものでした。 「時代のニーズに応えながら品質を高めていくためにEggplantは今や欠かせない存在です。」――プラネット社 鹿山貴弘氏 リモート接続により本番に近い環境でのテストを実現 テーブルの上にはケーブルで結ばれた2台のPCが並んでいます。1台はテストの管理用PC、もう1台がPOS専用機に見立てたPCです。Eggplantを使ったATEMSのテストのデモが始まりました。管理用PCの画面にはプログラムのコードが流れていきます。それに合わせてもう1台のPCでは画面上で自動的に操作が進みます。Eggplantはリモートから対象の端末を操作し、画像認識によりテストを行うため端末にソフトウェアはインストールされていません。1台のPCが再起動状態となっても、管理用PCは動き続けていました。再起動から立ち上がったところでテストは終了しました。「リモートで接続してテストを行うという点が画期的でした」と三木氏は話します。「POS専用機はPCのように様々なソフトウェアのインストールを前提としていません。POSのアプリケーションだけが動いている状態でテストを行いたかったのですが、これまではできませんでした。より本番に近い環境で実施できるということは非常に大きなメリットがあります。また単体試験レベルだけでなく総合試験フェーズにも対応できると気づいたときは衝撃的でした」Eggplantを利用することで、例えばPOSで売上情報の入力を行い、接続先を本部PCに切り替えて売上げが正しく上がってきているかどうかを確認するといった一連のプロセスの自動化が可能となります。 「テストに関する一通りのシナリオをすべて自動化できるのではないかなど、アイデアもどんどん広がっています。またソフトウェアをインストールしないため管理PCやPOS端末のOSやアプリケーションに依存しない点も活用シーンの拡大につながりますね。」(三木氏) 昼間は人が中心、夜間は自動化で密度の高いテストを実現 作業すること)分のテスト作業の自動化を実現できました。作業が早く終わることを目指しているわけではないと三木氏は強調します。「テスト担当者がテストを行いながらも専門性の高い能力を発揮できるテストと、回帰試験など繰り返し行う操作など自動化に適した部分との切り分けができました。昼間は人が作業を行い、夜間はEggplantに交代する。同じ期間でも従来よりも密度の高いテストが行えるようになりました。」テストをスムーズに進めるためにはサポートも重要なポイントとなります。「海外の製品を利用した際、問い合わせをしてから回答が返ってくるまでにたいへんな時間がかかり、困った経験がありました。(Eggplantの日本におけるパートナーである)丸紅情報システムズさんには、問い合わせに2営業日で回答していただいており、とても助かっています。」(三木氏)開発の意識も変わってきました。開発したら夜間にテストを行い、翌朝にはその結果を反映し改善します。この好循環な開発サイクルは開発品質の向上とともに、手戻りが少なくなることから生産性の向上にもつながっていきます。Eggplantを夜間に実行することで、POS専用機が正しく動作しているか、エラーは発生していないかを確認することが可能になり、結果的に高品質の製品を確実にお客様へ提供できます。Eggplantは誰でも簡単に使いこなすことができるため、テスト利用以外にも活用範囲が広げられます。開発者がWindows上でのシステム環境構築の自動化に利用できないか検討しているといいます。ATEMSのビジネスは、システムを提供して終わりではなく、そこから始まります。「時代のニーズに応えながら品質を高めていくためにEggplantは今や欠かせない存在です。私たちは、これからもより良い製品とサービスの提供を通じてお客様とともに歩み、成長していきます。」(鹿山氏) 「丸紅情報システムズさんには、問い合わせに2営業日で回答していただいており、とても助かっています。」 ――プラネット社 三木規史氏 …

Read Story

by Eggplant, on Mar 29, 2021 12:07:24 PM Telco & Media

Eggplant and NS Solutions Corporation join forces to help Japanese telecom giant improve user experience. Profile NTT DOCOMO is Japan’s largest mobile telecommunications company, providing innovative, convenient, and secure mobile …

Read Story

by Eggplant, on Mar 16, 2021 5:42:39 PM Test automationdigital automation intelligence

メディカル機器の組込みソフトウエア開発でテストを自動化 テスト工数を92%削減、数万パターンの網羅テストで品質を徹底追求 富士フイルムと一体となって製品やサービスの開発、運用を担う富士フイルムソフトウエア。同社ではメディカル機器の組込みソフトウエア開発において、開発期間の1/3を占めるテストの品質向上と効率化が課題となっていた。 2018年3月、同社は課題を解決するべく、テスト自動化ツールEggplantを導入。FDA (米国 食品医薬品局) の要求を満たすプロセスで、医療機器開発で利用可能なテストツールであることを評価し、バリデーションを取った。採用の決め手は、従来難しかった低リソースの組込み機器でテスト自動化が可能になることだ。 導⼊後、同社が独⾃開発したテスト条件⾃動⽣成の仕組みと連携させることで、現在、UIを利用するメディカル機器全機種、他事業部門、富士フイルムグループ内へとEggplantの適用が広がっている。 課 題 CPUやメモリなどのハードウエア性能に制限が多い組込み機器でテストの自動化を実現したい 開発期間の1/3を占めるテスト工程の品質と効率の向上を図りたい 解 決 Eggplantは画像認識技術をベースにリモートで接続しテストを行うため、対象機器のソフトウエアやリソースに制限されることなくテスト自動化を実現 操作の組み合わせパターンが3万通りを超える超音波内視鏡装置において、網羅性を確保した品質の向上と、手動テストに対して92%の工数削減を実現 01 開発期間の1/3を占めるテスト工程の品質向上と効率化が課題に メディカル、フォトイメージング、グラフィック、デジタルカメラなどの分野で、富士フイルムと一体となって製品やサービスの開発、運用を担う富士フイルムソフトウエア。グループ全体のソフトウエア開発機能とICTインフラの構築・運用を担う同社は、これまで培ってきた先端・独自技術に加え、デジタル技術をいち早く取り込み、スピーディーな新サービス開発を実現。また優れた技術力に加え、高い開発力も同社の強みだ。 デジタルX線画像診断システム、内視鏡システム、超音波診断装置などメディカル機器のソフトウエア開発の課題について、「近年、技術が急速に進歩する中で、人の健康に関わるメディカル機器へのニーズに応える高性能、高信頼性を実現するとともに、競争力向上の観点からリードタイムの短縮やコストの抑制が求められています。また時間を有効活用し生産性向上を図る働き方改革も重要なテーマです」とソフトウエア開発本部 副本部長 佐々木弥氏は話す。 同社において、メディカル機器のソフトウエア開発の生産性向上で重要なポイントとなるのが、開発期間の1/3を占めるテストの品質向上と効率化だ。 「テストの自動化はかなり進んできたのですが、手つかずだったのが製品と利用者の接点となるUI(User Interface)に関わる画面操作のテストでした」とソフトウエア開発本部メディカル機器グループ 山田陽平氏は話し、こう続ける。 「従来、実際に画面のボタンを押して動作を確認するため、複数人で長い時間をかけてチェックしていました。 ワールドワイドで展開するメディカル機器の場合、多言語に対応した表示確認を全パターンで行うなど多くの手間と時間を要し、開発コストの増大と品質確保が課題となっていました。人間の目視による確認では、表示レイアウトの見切れといった気付きにくい不良を見落とすリスクがあります。 QCDの観点からテスト項目に漏れがないよう網羅性を担保しながら、コストの抑制、テスト時間の短縮を図るためには、人手に頼るテストでは限界があった。 2017年末、同社は組込み機器開発の画面操作におけるテスト自動化ツールの選定に入った。 02 汎用性と拡張性を高く評価しEggplantを採用 テスト自動化ツールの製品選定では、「組込み機器で使える」ことが大きなポイントになったと山田氏は振り返る。「一般的にテスト自動化ツールは、機器側にインストールが必要となるケースが多くあります。組込み機器開発におけるテストでは、機器のディスクやメモリの容量制限から、機器側にインストールすることが難しいため導入のハードルが高くなります。また記録・再生・確認といった基本機能の充実度や、専門的なプログラミングスキルがないテスターでも利用できる簡便性も重視しました」 …

Read Story

by Eggplant, on Dec 9, 2020 5:42:21 PM Automotive

Eggplantが継続的デリバリーの世界に向けてSASの近代化をどのように支援しているのか 概要 SASは、43年間、データを活用してより適切な意思決定を迅速に行うことにより、世界中の組織が情報を活用し、ビジネス価値を推進するのを支援してきました。彼らはビジネス分析ソフトウェアとサービスのリーダーであるだけでなく、多くが大企業に買収された市場で最大の独立したビジネスインテリジェンスベンダーです。 今日、70,000以上のサイトの顧客は、SASを利用してデータを探索、分析、視覚化し、その情報をインテリジェンスに変換しています。ソフトウェアが常に期待どおりに機能し、顧客が必要とする重要な洞察を提供できるようにするために、10年前に自動化されたGUIテストのニーズにEggplantを選択しました。 10年にわたるパートナーシップの中で、Eggplantは、技術の変化に対応してインフラストラクチャを最新化し、俊敏性を高めるのに役立ちました。SASの最新化の取り組みの重要な要素は、今日の最新のクラウド中心の環境で成功するようにSASサービスレイヤーを再設計することに重点を置いていました。 SASの顧客がビジネスをクラウドに移行するのに合わせ、SASはクラウドに移行します。顧客は、SASアプリケーションが柔軟で堅牢であり、需要の急増に適切に拡張できることへの期待を高めています。これは、従来のアーキテクチャでは不可能でした 柔軟性の向上と制御 歴史的に、SAS Web Application Serverは、単一のユニットとしてデプロイされた一連のサービスで構成されるモノリシックアプリケーションでした。この環境では、新しいソリューションとAPIが時間の経過とともに開発されるにつれて、モノリシックアプリケーションのサイズが大きくなり、変更の維持と導入が困難になります。 さらに、彼らのレガシーアプローチは、パフォーマンスと生産性の観点から課題を提示しました。たとえば、パッチをサービスに適用する必要がある場合は、アプリケーション全体を停止して再起動する必要がありました。また、アプリケーションに含まれるサービスが非常に緊密に結合されているため、アプリケーションは単一障害点にもなりました。つまり、1つのサービスで問題が発生すると、アプリケーション全体がダウンする可能性があります。 これらの問題に対処し、柔軟性と制御を向上させるために、SASはマイクロサービスに移行し、2016年に新しく設計されたSASViya®をリリースしました。この移動により、単一障害点の可能性が減少し、1つのサービスがダウンした場合に他のサービスのパフォーマンスが影響を受けないようになりました。最も重要なことは、マイクロサービスを採用することで、SASを顧客との関連性を保ち、今日の継続的デリバリーの期待に応えるために必要なテクノロジーを顧客に提供することです。 SAS Viyaの拡張されたスケーラビリティと柔軟性により、お客様は、プライベートクラウドまたはパブリッククラウド上で、必要なときに必要な場所で、必要なだけのコンピューティングパワーを使用できます。さらに、主要なクラウドプロバイダーと提携して、SAS Viyaをよりクラウドネイティブに進化させ、コンテナー化されたSASテクノロジーを組み込み、オープンソースソフトウェアに分析を統合することができます。 「Eggplantとのパートナーシップがなければ、これらの顧客のメリットはあり得ませんでした。GUI自動化ソフトウェアの哲学と設計は、他のテストプロバイダーよりもはるかに優れています。Eggplantは、SASがお客様の視点からテストされた、より高品質の製品を提供することにより、お客様を喜ばせることを可能にしました。このテクノロジーにより、コードやオブジェクトに制約されるのではなく、GUIをピクセルのコレクションとして表示できるため、テストアプローチが一変し、真にモダンで機敏になります。」- John Crouch, Sr. Software Development in Test …

Read Story

by Eggplant, on Dec 9, 2020 5:35:10 PM Automotive

英国とアイルランドの最大のデジタル自動車市場を改善するユニークな機会。 Auto Traderは、英国の自動車購入プロセスの中心に位置し、熱心な大勢の消費者を集め、毎月約 5,500万件のクロスプラットフォームのアクセスを集めており、訪問の約70%はモバイルデバイスを介して 行われています。 2002年、Auto Traderは、急速に増加するデジタル環境内でいくつかの機会を特定し、不十分な Webサイト監視による可視性の欠如による重大なWeb遅延のリスクを認識しました。同社の運用チー ムは、自社のデータセンター内でテストするだけでなく、外部の観点からWebサイトの監視を強化して、運 用チームにWebサイトのパフォーマンスステータスの透明性を高めたいと考えていました。 Auto Traderは、ページテストだけでなく、ホームページにアクセスしたり、車を検索したり、広告をクリック したりするWebユーザーに至るまで、さまざまな顧客ユーザーの旅(ジャーニー)をシミュレートするソ リューションを必要としていました。また、内部レポートを推進するために、稼働時間をレポートするための 独立したソースも必要でした。 カスタマージャーニーをテストする 2002年、Auto TraderはEggplant(以前のSiteConfidence)との連携を開始し、スクリプト化 されたWebサイトテストと合成モニタリングの両方を提供し、重要なビジネス目標に対するテストとモニタ リングを提供できるようにしました。 Auto Traderは、Webサイトの遅延を監視し、Webサイト全体の カスタマージャーニーをテストできるようになりました。これにより、カスタマーエクスペリエンスとWebサイト 全体のパフォーマンスの両方を向上させるために使用される貴重なユーザーの洞察が得られます。 EggplantがAuto Traderと協力してきた15年間、Eggplantは、Auto TraderがWebパフォーマン スとカスタマーエクスペリエンスの最先端にとどまるのを支援するために、製品を頻繁に進化させてきました。 Auto Traderの運用エンジニアリングリードであるDave …

Read Story

エッグプラント アップデートに登録