<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/33f0fcb02bbd41af9d706a2c469929f2/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

ケーススタディ: British Telecom (BT)

by Eggplant, on Dec 9, 2020 4:40:11 PM

TelcoMedia-1

BTEggplantで開発変革を推進

テレコムの巨人は、テストの自動化を150%向上させ、生産性と品質の向上を 推進しています。

Download PDF Case Study

プロフィール

BTは、通信サービスとソリューションの世界有数のプロバイダーであり、170か国以上の顧客にサー ビスを提供し、年間収益は180億ポンドです。その部門の1つであるBT Consumerは、英国で 最大の消費者向け固定音声およびブロードバンドサービスのプロバイダーであり、ブロードバンド、テ レビ、専用スポーツチャンネル、およびモバイルサービスを全国の1,000万を超える顧客に提供して います。

BTは、消費者部門の顧客をサポートするために使用するビジネスサポートシステム(BSS)に数 千万ポンドを費やしています。これらのシステムは、会社のWebサイトにアクセスしたり、コールセン ターに電話をかけたりする顧客や、それらをサポートするBTスタッフによって使用されます。提供され る一般的なサポートには、電話回線、テレビ、モバイル、ブロードバンドなどの製品やサービスの注文、 および問題の解決に役立つ「Trouble to Resolve」サービスが含まれます。これらのサポートサー ビスには、顧客が自分で問題を診断して解決するのに役立つセルフサービスツールがますます含ま れています。

 

eggPlant-Case-Study-BT-logo.jpg
eggPlant-Case-Study-BT-laptop.jpg

 

 

 

 

 

規模と複雑さの増大

BTにとって、顧客サービスの品質と卓越性を確保することは非常に重要です。消費者向けのBSSのテ ストは主に手動で行われていましたが(特定の領域でHPUFTを使用した自動化は限られていまし た)、システムと機能の数と複雑さが増すにつれて、同社は、スタッフのテスト負担を軽減し、テストカバ レッジを改善するのに役立つ自動化ツールを探し始めました。

すべての変更を手動でテストするには時間がかかるため、3か月の開発サイクルが見られるのは非常に 一般的です」とBT Consumer E2Eテストの責任者であるAndrew Hodgson氏は述べています。 「明らかに、ビジネスはその時間を大幅に短縮することを望んでいます。また、システムの品質を向上させ るために、テストの範囲を拡大することも検討していますAndrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

同社は、UFT、Selenium、Perfecto Mobileなどのさまざまなツールを検討しましたが、Eggplant Functionalがその要件に最も適した製品であることがわかりました。

「Eggplantは、エンドツーエンドのテストの観点から、機能の全体的な最適な組み合わせを提供しま す」とHodgson氏は述べています。 「クロスブラウザテストと複数のデバイスでのテストを自動化する機 能が重要な要素でした。携帯電話やタブレットなどのデバイスは私たちにとって成長分野ですが、セット トップボックスなどのハードウェアもますます増えているため、Eggplantのテクノロジーにとらわれないテスト アプローチは私たちのニーズにぴったりでした。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.                                            

   
 
eggPlant-Case-Study-BT-mobile.jpg         eggPlant-Case-Study-BT-tablet.jpg

 

 

 

 

 

 

Eggplantの実装

Eggplant Functionalが期待される結果をもたらすことを組織に証明するために、BTは、回 帰テストの大部分を自動化し、品質を向上させることを目的として、最初の6か月のプロジェク トに従事しました。

EggplantUFTによるテスト自動化は、BTの消費者中心のBSSのほぼすべての側面に実 装されました。これには、会社のWebサイトでの顧客の最初の関与から支払いの詳細の設定 まで、さまざまなバックエンドデータベースとシステム(OracleSiebel)が正しく更新されてい ることの障害チェックと検証まで、すべてのテストが含まれていました。

Eggplantの使いやすさは、主にSenseTalkプログラミング言語のシンプルさに起因する展開 の重要な要素として認識されていました。

「SenseTalkにより、私たちのチームはEggplant Functionalをすばやく簡単に採用できまし た」とHodgson氏は述べています。 「UFTを使用するには『自動化の専門家』である必要が あったため、Eggplantの以前は高度な自動化の採用はありませんでした。私たちの戦略は現 在、テストに関係するすべての人に自動化を展開することであり、SenseTalkは彼らがこれを 行うことを可能にします。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

 

即時の結果

「Eggplantを使用してから6か月以内に、回帰テストの75%を自動化しました」とHodgson氏は述べています。 「こ れにより、コストの削減に加えて、各開発サイクルでテストを実行する回数を増やすことができるため、品質の向上を迅 速に達成することができました。今会計年度の終わりまでに、少なくとも2.5倍のテスト実行がされると予想していま す。」

開発サイクル中に回帰テストを実行する回数を増やすと、開発中のアプリケーションに変更や更新が行われたときに、よ り多くの問題が確実にキャッチされるため、品質の向上に直接影響します。

「回帰テストの自動化は、配信の柔軟性を高め、最終的には開発サイクル時間を大幅に短縮するのに役立ちます」と Hodgson氏は付け加えました。Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

 

投資効果

「自動化は、開発プロセスに関与するすべての人にとって双方にメリットがあります」とHodgson氏は 述べています。 「品質の向上は生産性の向上につながります。欠陥をより早く発見することで、開発 チームのプレッシャーを取り除き、先月の変更ではなく、次の一連の変更に集中できるようにするため です。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

 

 
eggPlant-Case-Study-BT-siebel.jpg
 

得られた効率をスタッフを削減する理由として使用するのではなく、BTのテストコミュニティの生産性の 向上により、リソースが解放され、テストが失敗する理由の調査に多くの時間を費やすことができ、テ ストの範囲と対象範囲が広がりました。

「テストの自動化によって開始された文化的変化のメリットがすでにわかり始めています。テストコミュニ ティは、より平凡で反復的なテストアクティビティから、配信サイクルへのより価値の高いインプットに移 行しています」とHodgson氏は述べています。 「そして、自動化によって実現したコスト削減により、 基本的にこれらのメリットを無料で実現することができました。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

未来

BTは、開発方法論への変革的アプローチの始まりに過ぎず、会計年度末までに以前の手動回帰テストの100%自動 化を達成することを目指しています。ただし、テストの幅と深さを拡大するために、その時点を超えて作業が継続されます。

「各サイクルで実行されるテストの数を増やすだけでなく、テストの幅を広げて、より多くの種類のテストケースを含めること も計画しています」とHodgson氏は述べています。 「私たちの戦略は、クロスブラウザーおよびクロスデバイステストにおけ る柔軟性と強みのために、UFTよりもEggplant Functionalの使用を増やすことです。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

将来的には、同社は新機能テストの自動化や本番環境でのテストも検討しています。

「新しい機能を自動化することはより困難ですが、テスト自動化から開発を推進することができれば、継続的インテグレー ションモデルの採用を検討することができます。それは私たちにとって本当にエキサイティングです!」Hodgson氏は言いま した。 「また、本番環境でのテストを自動化することにも大きなメリットがあります。私たちも追求している環境です。」Andrew Hodgson, Head of BT Consumer E2E Test.

eggPlant-Case-Study-BT-UFT.jpg
 
Download PDF Case Study
 
 
Topics:Telco & Media

Comments

エッグプラント アップデートに登録